アドヴェントカフェ2011

jgkfoto20120322_02日独交流150周年の記念の年が終わりを迎えようとしている12月4日(日)~10日(土)に、(財)香川県国際交流協会と共催で、日独交流150周年及びドイツのクリスマス展示・イベント、そしてカフェを開催しました。

アイパル香川の1階アイパルプラザを会場に、12月4日(日)から展示を行い、これまでの日独の関わりや歴史、またドイツのクリスマスマーケットやその時期の街を写した写真を使用し、各自が実際に目にしたドイツを紹介しました。

そして、12月10日(土)には「アドヴェントカフェ」と題して、カフェ及びステージプログラムを実施しました。カフェではドイツのクリスマスのお菓子シュトレンやレープクーヘンが販売され、ドイツの味をご堪能いただきました。

ステージでは、まず初めに、香川日独協会会長 武部裕光氏により日独交流150周年の資料をもとに、両国間の歴史から現在の交流に至るまで、大変興味深くご紹介いただきました。

続いて、JGKメンバーの三宅真紀子さんと森田祐子さんによるオカリナ演奏です。ドイツのクリスマス音楽を幅広くご紹介いただき、美しい音色を通して、静かで厳かなドイツの雰囲気を作り出してくれました。

jgkfoto20120322_05次に、香川大学経済学部の留学生ヨナス・ヴォーバーさんに、ドイツのクリスマスについて、パワーポイントを使って日本語で紹介していただきました。ドイツ人にとってのクリスマスの意義、過ごし方など、日本との違いを教えていただきました。

そして最後は、お客様と共にドイツ語で「きよしこの夜」を合唱して締めくくりました。ちょうどクリスマス前であり、楽しくドイツ語に触れるという点をふまえ、プログラムに取り入れました。これからクリスマス時期には是非歌っていただきたいと思います。

プログラムが終わりを迎えた頃、カフェではお菓子が完売となり、予想を上回る数のお客様にお越しいただけたことが分かりました。

寒空のもと、ご足労いただき、長時間にわたりご観覧いただいた皆様に、心より御礼申し上げます。また、この度の企画の提案から準備にいたるまでご協力いただきました(財)香川県国際交流協会の皆様、講話をお引受けいただいた武部会長、関係者の皆様に、深く御礼申し上げます。

この度のイベントを通じて、新しいメンバーが2名増えました。この若いパワーが加わり、今後も日独交流活動やメンバー同士の交流を続けていきたいと思います。

ありがとうございました。(M.T)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です